書籍「元町映画館ものがたり 人・街と歩んだ10年、そして未来へ」 | 元町映画館オンラインショップ

1/7

書籍「元町映画館ものがたり 人・街と歩んだ10年、そして未来へ」

¥2,970 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

映画館を愛するすべての人に贈る、
映画ファンが作ったミニシアター奮闘記!

元町映画館開館からの10年ちょっとを振り返りながら、神戸という街と観客に育まれた元町映画館の過去・現在・未来を見据える、元町映画館初の書籍がこの夏誕生します!

10周年イヤーだった2020年、コロナ禍で映画館スタッフは何を想ったのか。
元町映画館は、これからの10年でどんな映画館になろうとしているのか。
多彩な切り口で未来の映画館を考えます。


【主な収録内容】
第1章 街に映画館をつくる 設立構想からオープンまで
第2章 街で映画館をいとなむ その仕事とひと
第3章 街で映画館をはぐくむ  観客と一緒に育つ
第4章 コロナ禍の臨時休館、そのとき映画館は? 営業再開まで4ヶ月間の全記録
第5章 10周年、街になりたつ映画館 その存在理由

資料編 
   ・元町映画館年間売上上位10作品一覧
   ・年表(元町映画館と神戸、映画界、世の中の出来事)
●10周年記念トーク「街に映画館は必要なのか」を完全収録
●映画チア部神戸本部座談会を収録
●林未来支配人との特別対談を収録
★濱口竜介監督(『ハッピーアワー』『ドライブ・マイ・カー』)
  「ミニシアターと映画制作者が目指すべき未来は?」
★池谷薫監督(『蟻の兵隊』『ルンタ』)
  「映画監督が根城の映画館を持つ意義は?」
   〜池谷薫ドキュメンタリー塾と制作者集団、元町プロダクションを紐解く

ほか、詳しくは「元町映画館ものがたり」特設サイトをご覧ください。
https://motomachieigakanstory.amebaownd.com/

【濱口竜介監督からコメント到着!】
映画は人なり。映画館も人なり。ミニシアター衰退期に誕生した元町映画館。その中にいる人たちの奮闘とわちゃわちゃと志を知ったら、今まで通り過ぎていたあなたも映画館という新たな世界への扉を開けてみたくなるはず。「映画を好きになってみたい」人こそ必読!


★書籍詳細
「元町映画館ものがたり 人・街と歩んだ10年 そして未来へ」
元町映画館出版プロジェクト 責任編集:江口由美
P304/四六判/ソフトカバー ​​制作:神戸新聞総合出版センター

※当館受付、オンラインショップ限定サンクスカード付き

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,970 税込

最近チェックした商品
    セール中の商品
      その他の商品